alpha300 S

alpha300 S – 光学回折限界を打ち破る装置

 

alpha300 Sは,1台の装置に共焦点顕微鏡(CM),原子間力顕微鏡(AFM)そして走査型近接場光学顕微鏡機能(SNOM)を備えたユーザーフレンドリーな装置です.それぞれの機能の切り替えは,レボルバーを回して対物レンズを切り替えるだけです.alpha300 Sは,独自のマイクロプロセス技術を用いた穴付きSNOMカンチレバを使用して,光学回折限界を越える光学分解能が得られます.

WITecの近接場光学顕微鏡alpha300 Sは,独自の対物レンズを採用しています.この対物レンズを,レボルバーに取り付けることによってSNOMとAFMができるようになります.プリマウントされたSNOMカンチレバは,アームに磁石で取り付けられ,カンチレバと試料を同時に光学顕微鏡で確認することができます.カンチレバを位置あわせするために,取り付けアームは圧電体の慣性駆動でXYZ方向に動かすことができます.移動は,制御ソフトからおこなうことができ,ガイダンス機能に従って簡単に行うことができます.対物レンズは,近接場光を励起するレーザーをフォーカスするだけでなく,カンチレバの光てこ用レーザーも対物レンズを通して照射されます.この2つのレーザーシステムは,お互いに干渉することなく,低ノイズで良いフォーカス性能をもつ安定した光学系です.通常のAFMカンチレバを用いれば,alpha300 Sは,AFMとして使用できます.

alpha300S

特長

  • 光学回折限界を打ち破る空間分解能 (約60 nm 横方向)を実現
  • 特許技術の穴付きSNOMカンチレバーを採用
  • 大気中,液中観察
  • 幅広いAFMの動作モードをサポート
  • 試料処理不要で非破壊観察
  • ラマンイメージングへのアップグレード可

観察例

alpha300S surface plasmon

ナノスケールの金属グリッドで励起された表面プラズモンのSNOM像

alpha300S chromosomes

人染色体メタフェーズのSNOM像

仕様

SNOMモード

  • 近接場光学顕微鏡(SNOM)モード: 透過,反射,コレクションモード
  • 共焦点顕微鏡(CM)モード:
    • 透過
    • 反射
    • 蛍光(オプション)
    • SNOM/AFM組み合わせ: alpha300 Aのほとんどの動作モードサポート(オプション追加可)
    • フォースカーブ,light-distanceカーブ
    • 背面照射モード
    • 全反射照射モード(オプション)

顕微鏡:

  • 6対物レンズレボルバー対応 研究グレード光学顕微鏡
  • ビデオシステム: 接眼部カラービデオカメラ
  • 白色LED ケラー照明
  • 高感度モノクロビデオカメラ:試料およびSNOM/AFM探針の下方観察
  • XY方向マニュアル試料ステージ X,Y 25mm
  • アクティブ除振台付属
  • ピエゾ走査ステージ(走査幅 100 x 100 x 20 μm) (他走査幅のオプション有り)

試料サイズ:

  • 縦横:120 mm 厚み:25 mm; アダプターでより厚い試料にも対応可

コンピュータ,ソフト:

  • 装置制御,データ収集ソフト, データ解析評価ソフト

Extensions & Combinations

文献資料

参考文献のページへ

お問い合わせ

Please fill in all data fields to ensure we can process your inquiry as quickly as possible.

個人情報保護:
'WITecは,サイトから得られるどのような個人情報も尊重いたします.入力された個人情報につきましては,御請求の範囲内で適切に使用いたします.