製薬&化粧品

製薬&化粧品

    • ドラッグデリバリーシステムの開発と製造では、製品の品質において効果的に確実な制御システムが要求されます。これらの製品は、構成やアプリケーションにおいて大きく異なっています。

      そこで、WITecのイメージングシステムのような分析ツールが、総合的な化学特性と試料の分析方法に柔軟に対応でき、製薬研究において受け入れられています。

    • WITec AFM Drug Eluting Stent
      薬剤が埋め込まれたステントの高分解能AFM位相像。高分子基板構造と埋め込まれた薬剤の粒子が観察されている。
    • WITecの装置は幅広い用途に使用でき、様々な観察手法が可能で、観察結果から多くの試料に対する情報を得ることができます。顕微鏡システムとして可能な組み合わせは、共焦点ラマン顕微鏡、原子間力顕微鏡(AFM)、近接場光学顕微鏡(SNOM)、電子顕微鏡(SEM)があります。共焦点ラマン顕微鏡は化学情報をAFMは、表面形状/構造、硬さ/吸着力などの物理特性を。SNOMは、光学回折限界を超える高分解能光学像を得ることができます。すべてのWITecの装置は,お客様のご要望に応じて、機能をアップグレードすることができます。

  • WITec Raman Drug Eluting Stent
    薬剤が埋め込まれたステントの共焦点ラマンデプススキャン。青: 高分子基板、 赤: 薬剤が埋め込まれた高分子コート層、
    緑: 薬剤

アプリケーション例

  • WITec Raman Emulsion
    エマルジョン(軟膏)の共焦点ラマンイメージ。
    青: 水分中の活性成分、赤および緑: 軟膏基剤
  • 共焦点ラマン顕微鏡は、例えば

    • 薬剤中の薬効成分の分散状況の観察
    • 薬剤の均一性の評価
    • 薬剤と賦形剤の分散状況の観察
    • 異物質や外部微粒子の検出 等に使用することができます。

    共焦点ラマン顕微鏡によって得られる情報は、

    • 薬剤の設計
    • 固形/液体薬剤の開発
    • 薬剤の特許侵害
    • 偽薬の調査 などに利用されています。
  • WITec Topographic Raman Tablet
    薬錠剤のTrueSurface法を用いた共焦点ラマンイメージング。     左: TrueSurface法を用いた表面形状像、右: 表面形状に重ね合わせ表示した共焦点ラマン像

Imaging Systems for Pharmaceutics & Cosmetics

アプリケーションノート

お問い合わせ

  • 正確を期すため,全ての項目にご記入をお願いいたします.

    都道府県、区市町村
    番地・ビル名

    個人情報の取り扱いについて:
    WITecは、お客様の個人情報について、「個人情報保護方針(プライバシー・ポリシー)」に従い適正な管理を行うとともに、個人情報の保護に努めます。ご提供いただきました個人情報につきましては、ご請求の範囲内で適切に利用いたします。