StrobeLock

StrobeLock: 時間相関単一光子計数法

  • StrobeLockは、alpha300シリーズの拡張機能で時間相関単一光子計数(TCSPC)が可能になります。TCSPCは、パルス励起後の時間分解発光や蛍光減衰を記録します。時間分解蛍光観察(TLM)は、各測定点での強度減衰が記録されます。それぞれの減衰を様々なパラメーターで測定が可能です。単調減少や多重指数緩和時間など試料の放出挙動の場所による違いを示しながら、指定したパラメータで画像が色分けされます。たとえば、蛍光分子の寿命を抽出すれば蛍光寿命像(FLIM)が得られます。時間分解データをラマン、AFM、SNOM像と合わせると対象試料の更なる追加情報を引き起こすことができます。

    Strobe Lockの利点:

    • 蛍光やその他の発光の減衰の正確な時間分解測定が可能
    • 試料のパルスレーザーによる蛍光や、パルスジェネレーターによる電気励起発光
    • 調整可能な励起パルス周波数(最大100MHz)
    • 装置応答速度:120ps以下
    • WITec FIVEソフトウェアによるトータル制御と解析
    • 使いやすいラマン、AFM、SNOMとの組み合わせオプション

時間分解発光顕微鏡 (TLM)

  • 時間分解発光顕微鏡 (TLM)は、LED等のデバイスの発光特性を調査、イメージングすることができます。電気パルスジェネレーターによって励起される発光およびその強度は、時間分解で記録されます。そのため各測定点において、緩和時間や応答時間が計算でき視覚化されます。TLMは、LEDの品質管理等に使用できます。

  • WITec StrobeLock Time resolved Luminescence
    青色発光ダイオードの時間分解発光顕微鏡(TLM)測定
    左:局所緩和時間のマッピング ; スケールバー7μm
    右:発光速度の等高表示 ; スールバー10μm

蛍光寿命イメージング (FLIM)

  • FLIM像の結果は、蛍光寿命を色分けして試料中の空間的分布を表示します。ラマン、AFM、FLIM等の他のイメージング技術と組み合わせることによって、一つの試料からさらに多くの情報を得ることができます。

  • WITec StrobeLock FLIM
    N,N'-ビス(1-エチルプロピル)-3,4,9,10-ペリレンビス(ジカルボキシイミド)(EPPTC)針状結晶の蛍光寿命像(FLIM)。左:総蛍光強度;スケールバー5μm。右:FLIM;スケールバー5μm。データ提供 Xinping Zhang 北京工業大学

お問い合わせ

  • 当社への資料請求、お問い合わせ、ご相談、製品やサービスについてのご質問やご要望がございましたら、

    下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

    都道府県、区市町村
    番地・ビル名

    個人情報の取り扱いについて:

    お客さまからお預かりした個人データは、お問い合わせフォームから頂いたご質問に対する回答として、当社からのご連絡に利用いたします。当社または当社からの委託を受けて業務を行うパートナー企業がお客様に当社の業務のご案内をする目的で、電子メール、電話、或いは資料のご郵送をする場合があります。 個人データの処理は、当社のデータ保護規則に基づいており、お客様はデータ利用の同意をいつでも取り消すことができます。