ニュース

October 2019

2019年度ノーベル化学賞受賞のジョン・グッドイナフ教授がリチウムイオン電池の研究にWITecラマン顕微鏡をご活用

今年のノーベル化学賞は、ジョン・グッドイナフ教授、スタンリー・ウィッティンガム特別教授、旭化成株式会社の吉野彰名誉フェローに「リチウムイオン電池の開発」に対して授与されました。

https://www.nobelprize.org/prizes/chemistry/2019/summary/

ラマン分光法は、電極触媒や電池材料などの特性評価の手法として確立しています。テキサス大学オースティン校のジョン・グッドイナフ教授の研究グループは、分光ラマンイメージングに弊社ラマン顕微鏡 WITec alpha300 Rをご活用されています。(http://tmi.utexas.edu/core-facilities/equipment/witec-micro-raman-spectrometer-alpha-300/)

最近では、テキサス大学オースティン校テキサス・マテリアルズ・インスティテュート(Texas Materials Institute)とコックレル工学部(Cockrell School of Engineering)の研究グループが ラマンイメージングを用いて、改善した電極と電解質の特性の最新調査結果の一部を発表しました。

Exceptional oxygen evolution reactivities on CaCoO3 and SrCoO3
Xiang Li, Hao Wang, Zhiming Cui, Yutao Li, Sen Xin, Jianshi Zhou, Youwen Long, Changqing Jin and John B. Goodenough
Science Advances 09 Aug 2019: Vol. 5, no. 8
DOI: 10.1126/sciadv.aav6262
https://advances.sciencemag.org/content/5/8/eaav6262.full

Garnet Electrolyte with an Ultralow Interfacial Resistance for Li-Metal Batteries
Yutao Li, Xi Chen, Andrei Dolocan, Zhiming Cui, Sen Xin, Leigang Xue, Henghui Xu, Kyusung Park, and John B. Goodenough
J. Am. Chem. Soc. 2018, 140, 6448−6455
https://pubs.acs.org/doi/10.1021/jacs.8b03106

Polar polymer-solvent interaction derived favorable interphase for stable lithium metal batteries
Jiwoong Bae, Yumin Qian, Yutao Li, Xingyi Zhou, John B. Goodenough, Guihua Yu
Energy Environ. Sci., 2019, Advance Article
https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2019/ee/c9ee02558h/

 

WITec は、2019年のノーベル化学賞を受賞されたジョン・グッドイナフ教授、スタンリー・ウィッティンガム特別教授、吉野彰名誉フェローに心からお祝い申し上げます。